ロングブラックパートナーズ株式会社

直接債権放棄を要請する自主再生計画の策定支援

事業再生アドバイザリー
直接債権放棄を要請する自主再生計画の策定支援

プロジェクト概要


  • 不動産投資で成長した老舗グループ企業の新規事業として、天然温泉、割烹、ホテルなどが一体となった複合施設を建設し、運営していたが、バブル崩壊によりグループは解体し、当社も多額の金融支援を受ける。

  • 地元では有名な複合施設であったが、金融支援後も放漫経営が続き、また近隣に競合施設がオープンしたこともあり業績は低迷し、再生計画の未達が続いていた。

クライアント概要

業種 温浴施設運営
売上高 10億円
地域 中国地方

クライアントが直面していた経営上の問題


  • 経営者のコミュニケーション不足もあり、メインバンクとの関係が修復困難な水準にまで悪化。

  • 金融支援後も、業績低迷により借入金が過大な状態にあった為、リニューアル投資に必要な資金調達の目途が立たず、事業継続も危ぶまれた。その為、メインバンクより自力再生の断念及びスポンサー探しを通告される。

課題解決に向けた取り組み


  • 風評被害を避けるため、近隣の同業以外を中心にスポンサー探索を実施。

  • スポンサー支援に関心を示した地域再生ファンド及びメインバンクと協議し、中小企業再生支援協議会の関与の基で、地域再生ファンドが支援を行う再生計画を策定。


プロジェクトゴール


  • 地域再生ファンドによる支援により財務体質が改善。

  • また、地域再生ファンドが出資及び融資によりリニューアル投資資金を提供し、大規模なリニューアルを行ったことで競争力が回復。

お問い合わせ

弊社アドバイザリーサービスや、採用についてのお問い合わせについてはこちらからお願いします。