ロングブラックパートナーズ株式会社

複雑構造化した事業の採算状況を可視化し、注力領域の再定義を伴う中期事業計画の策定を支援した事例

成長支援コンサルティング
複雑構造化した事業の採算状況を可視化し、注力領域の再定義を伴う中期事業計画の策定を支援した事例

プロジェクト概要


  • 多角化により売上規模は右肩上がりだが、営業利益は逆に減少が続き、借入金返済が困難な水準に差し掛かろうとしていた。

  • デューデリジェンスの結果、近年注力してきた事業は相対的に利ザヤが薄く、会社全体としての限界利益率が低下、固定費投入額と利益とのバランスが悪化していることが判明。

  • この状況をクライアントと認識共有。注力事業の再定義に至ると共に、管理会計強化支援を実施、利益管理体制を整備した。

クライアント概要

業種 製造・商社
売上高 20億円
地域 関東

クライアントが直面していた経営上の問題


  • 売上規模の拡大に利益がついていかず、金融機関も徐々に危機感を抱き始めていた。

  • 経営多角化により事業構造が複雑化しており、自社で管理会計に取り組んでいたがカバーしきれなかった。その結果、事業別の限界利益や貢献利益が正確に測定できず、利益減少の要因特定が遅延。実際は、売上構成変化による相対的な薄利化が進むと同時に、個別事業においても限界利益率の低下が進行していた。

課題解決に向けた取り組み


  • 主要な事業ポートフォリオの特性を個別に調査。注力すべき事業と、個別事業での必要施策を明確化。

  • 管理会計精緻化により、限界利益の状況、固定費水準の適正性等の分析能力を強化。


プロジェクトゴール


  • 現状以上の利益減少を食い止め、再度の成長へと向かうため、中期経営計画を策定。

  • 3年後の金融機関取引適正化を実現すべく、LBPとの伴走体制で経営改善に取組中。

お問い合わせ

弊社アドバイザリーサービスや、採用についてのお問い合わせについてはこちらからお願いします。